よくあるご質問

パソコン決裁のセキュリティ機能について

この文書にはパソコン決裁のセキュリティ機能が説明されています。

作成日:
2008.05.26
最終更新日:
2008.10.28

関連製品

回答

内容
パソコン決裁には、以下のセキュリティ機能があります。
  • 電子印鑑利用時(捺印時)のセキュリティ機能
    • ユーザ名/パスワードによるユーザ認証
    • パソコン決裁は、電子印鑑を呼び出す際(捺印の際)にユーザ名/パスワードによるユーザ認証を行います。 パソコン決裁に登録されているユーザ名とパスワードが一致しない場合は電子印鑑を利用できません。

    • Windows認証
    • [パソコン決裁6]には、電子印鑑を呼び出す際(捺印の際)のユーザ認証を、捺印を行なうコンピュータ(Windows)へのログイン情報で行なう[Windowds認証]機能があります。 あらかじめパソコン決裁のユーザとWindowsで利用しているユーザアカウント情報を関連付けを設定することで、パソコン決裁のユーザ認証をWindowsにログインする際に入力するユーザ名/パスワードで行なうことができます。

    • インプレットによるデバイス認証
    • 電子印鑑デバイス「インプレット」を利用すると、インプレットに埋め込まれたICチップの情報を使ってパソコン決裁のユーザ認証を行なうことができます。 インプレットをUSB接続の専用タブレット上で操作すると、自動的にICチップの情報が読み取られ、そのインプレットの関連付けられている電子印鑑が呼び出されます。

  • 捺印後の文書に関するセキュリティ機能
    • ワード文書やエクセルシートの保護機能
    • Microsoft Word/Excelに対応した専用アドインツール[オートプロテクトワード捺印ツール]/[オートプロテクトエクセル捺印ツール]を利用すれば、捺印した文書やシートを保護することができます。 保護された文書やシートでは、捺印した電子印鑑の印影や文書、データを変更できなくなりますが、パソコン決裁を利用した捺印はできます。

    • PDF/DocuWorksでの署名捺印
    • Adobe Acrobat/Docuworksに対応した専用プラグイン[Actobat用 捺印ツール]/[Docuworks用 捺印ツール]では、捺印と同時に電子署名を付与することができます。(X.509の規格に沿った、一般的な電子証明書を利用できます。)

  • 捺印した印影に関するセキュリティ機能
    • 捺印プロパティ
    • パソコン決裁から捺印された電子印影には、プロパティ情報を挿入することができます。この捺印プロパティには、捺印日時や捺印されたコンピュータ名、ログインユーザ名などが記録されているため、後から捺印時の環境を特定することができます。

    • 捺印履歴(捺印ログ)
    • [パソコン決裁 管理ツール]から、ユーザの捺印履歴(捺印ログ)を確認できます。 捺印履歴(捺印ログ)には、捺印プロパティと同一の情報が記録されています。

パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。