よくあるご質問

Microsoft Excel ワークシートの表示倍率が100%でない場合、捺印した位置と異なる場所へ印影が挿入される

この文書にはパソコン決裁の捺印に関する説明がされています。

作成日:
2008.05.26
最終更新日:
2008.10.23

関連製品

回答

現象
Microsoft Excel上に開かれたワークシートで表示倍率を100%以外に指定されている場合に、パソコン決裁の捺印ツールなどからドラッグアンドドロップで捺印した場合に、捺印位置がドロップした位置と異なる場所に捺印されます。
再現手順
下記にクリップギャラリーを利用した再現方法を記載いたします。

  1. Microsoft Excelワークシートを開きます。
  2. Microsoft Excelの[ズーム]ツールバーもしくは、メニュー[表示|ズーム]からワークシートの表示倍率を50%にします。
  3. ワードパットを起動します。
  4. ワードパットのメニュー[挿入|オブジェクト]からClipGalleryを選択し、適当な図を挿入します。
  5. 挿入した図をドラッグアンドドロップでMicrosoft Excelワークシートへ挿入します。
  6. ドロップした位置と異なる場所に図が挿入されます。
回避方法
Microsoft Excelワークシートの表示倍率を100%にして捺印するか、捺印後に印影を移動してください。

パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。