よくあるご質問

チェックアウトされたユーザがチェックイン操作を行っても正常にチェックインされない現象について

この文書は、パソコン決裁 捺印ツールでチェックアウトされたユーザに対してログインを行い、チェックイン操作を行っても正常にチェックインされない現象について記述されています。

作成日:
2008.09.19
最終更新日:
2008.10.28

関連製品

回答

現象
パソコン決裁 捺印ツールで、既にチェックアウト操作が行われたユーザがログイン後に[設定|印鑑データ]メニューの[チェックイン]を選択しユーザをチェックイン操作を行った場合に正常にチェックインされたメッセージが表示されず、以降もチェックアウト状態が維持される。
原因
この現象は、チェックアウト時に一時的に保存される印鑑データが何らかの原因でチェックアウト先の捺印用印鑑データファイル内のユーザを検出できないために発生します。そのため一時的に保存されているチェックアウト用のファイルを削除することで回避されます。(チェックアウト中に保存された捺印履歴などは削除によって本来同期されるべき参照元の捺印用印鑑データファイルには反映されませんのであらかじめご了承ください)
回避方法
一時的に保存されているファイルの削除は手順で設定を行います。
  1. 管理ツールを起動し、対象となる捺印用印鑑データファイルを参照します。
  2. ユーザのプロパティから[チェックアウト状態の解除](または[チェックアウトのリリース])ボタンを選択します。
  3. [OK]ボタンを選択してユーザのプロパティを閉じます。
  4. 管理ツールを終了します。
  5. ここからの作業はユーザがチェックアウトされたコンピュータで行います。

  6. 対象のコンピュータで他にチェックアウトされているユーザがある場合には、チェックアウトされているユーザでログインを行い、チェックイン操作を行います。
  7. チェックアウト時に一時的に保存されているフォルダをエクスプローラなどで開きます。
  8. 一時的に保存されるフォルダは次のような規則で生成されています。
    "X:\Documents and Settings\[Windowsへログインしているユーザ名]>\Application Data\Shachihata\Dstmp\cache\"
    ※[Windowsへログインされているユーザ名]の部分は、後ろにドメイン名が追加されている場合もあります。

  9. 開いたフォルダ内に作成されているサブフォルダを削除します。(複数フォルダが生成されている場合には、そのすべて削除します)
以上の操作で次回起動時にオンライン状態で捺印ツールが動作します。
ダウンロード
サポート情報 詳細
この文書の詳細な内容をファイルとしてダウンロードできます。
sb0802013_support_detail.pdf [85,038]byte

パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。