よくあるご質問

Windows Server 2008でDocGearのファイルのアップロードに失敗する現象について

この文章は、DocGearにおいてWindows Server 2008でファイルのアップロードに失敗する現象について説明されています。

作成日:
2011.09.26
最終更新日:
2011.09.29

関連製品

回答

現象
Windows Server 2008でDocGearが稼動している環境でファイルのアップロードを行うと、「ファイルアップロード時にエラーが発生しました。」というメッセージが表示され、ファイルのアップロードに失敗することがあります。
原因
DocGearが稼動しているWebサーバの設定により、アップロードするファイルのファイルサイズが制限されている可能性があります。
回避方法
次の手順でDocGearが稼動しているWebサーバの設定を変更することで回避することができます。

※DocGearが稼動しているサーバに[IIS6スクリプトツール]がインストールされている必要があります。
  1. スタートメニューから[すべてのプログラム|アクセサリ|コマンドプロンプト]を選択し、右クリックで表示されるメニューから[管理者として実行]を選択します。
  2. [ユーザーアカウント制御]画面が表示された場合は、[続行]または[許可]ボタンをクリックします。
  3. コマンドプロンプトが起動します。
  4. 表示されたコマンド上に"C:\Windows\system32\cscript C:\Inetpub\AdminScripts\adsutil.vbs set w3svc/aspmaxrequestentityallowed 102400000"と入力し、[Enter]キーを押します。
  5. エラーメッセージが表示されていないことを確認します。
  6. 続けてコマンド上に"C:\Windows\System32\inetsrv\appcmd set config -section:requestFiltering -requestLimits.maxAllowedContentLength:102400000 -commitpath:apphost"と入力し、[Enter]キーを押します。
  7. エラーメッセージが表示されていないことを確認します。
  8. 続けてコマンド上に"iisreset"と入力し、[Enter]キーを押します。
  9. [インターネット サービスは正常に再開されました]と表示されたことを確認し、コマンドプロンプトを終了します。

  10. ※上記の手順4及び手順6で入力する値"102400000"はアップロードするファイルサイズの上限値(102400000B = 100MB)を示しています。
     尚、ファイルサイズの上限値を100MB以上に設定することも可能ですが、本上限値とは別にDocGearでアップロードできるファイルサイズの制限があるため、設定したファイルサイズ以下のファイルでアップロードに失敗する場合があります。
    詳細は以下のサポート情報をご確認下さい。
    SB1102341 DocGearでアップロードできる添付ファイルのファイルサイズ制限について

パソコン決裁 サポートおよびダウンロードに表示および含まれている情報は、いかなる保証もない現状で提供されるものです。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、特定の目的への適合性を含めて、これらの情報について一切の保証をいたしません。 さらに、シヤチハタ株式会社およびその関連会社は、本情報を利用した使用結果などについても、いかなる表明・保証も行ないません。 シヤチハタ株式会社およびその関連会社は書面による一切の情報提供またはアドバイスなどは、保証を意味するものではなく、かつ免責条項の範囲を狭めるものではありません。 シヤチハタ株式会社とその関連会社 およびこれらの者の供給者は、どのような状況下においてもその結果的損害などの全ての損害に対して、一切責任を負いません。 なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。